AAAカップ バストアップ

MENU

胸が大きい人と小さい人の違いとは

本当に効果があるバストアップ方法

胸が大きい女性がいる一方、AAAカップなどすごく胸が小さくて悩んでいる女性も多くいます。バストの大きい人と小さい人の違いはどこにあるのだろうと気にされる女性は多いです。

 

そもそもバストが大きくなる仕組みは、中学生くらいの思春期に卵巣が発達して女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンが分泌されるからです。エストロゲンやプロゲステロンが分泌されると、乳腺が発達していきます。

 

この乳腺は赤ちゃんを育てるための大事な器官なので、自らを保護するために周囲に脂肪をたくさん集めるのです。その結果として、バストが大きくなるということです。

 

胸の大きさは、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンが分泌される量によって決まります。たくさん分泌されれば、乳腺が発達して脂肪が多く集まるので胸が大きくなります。逆に、分泌量が少ないと、乳腺の発達が未熟なのでAカップ、AAAカップになってしまいます。つまり、バストアップの為には女性ホルモンをたくさん分泌させる事が大事といえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

胸が小さくなってしまう要因とは

バストが小さい女性の多くは、その原因を遺伝のせいにしている傾向にあります。ですが、実はほとんどの場合、胸が小さい理由は生活習慣の乱れによるものです。

 

たとえば、きちんと運動せずにだらだらと過ごしていると体の冷えに繋がります。この女性に多い体の冷えは、は、胸が小さくなる最大の要因といわれています。というのも、冷えに陥ると、血行が悪くなるとともに自律神経が乱れることで、ホルモンバランスが乱れてしまうからです。すると、バストアップ効果のある女性ホルモンの分泌が弱まってしまいます。その結果、小さいままの胸になってしまいます。

 

さらに、布団の中で携帯をいじるなど夜更かしをすることも胸が小さくなる要因です。睡眠のリズムが乱れることで、ホルモンの分泌が正常になされなくなるからです。女性ホルモンは、夜の22時から2時のゴールデンタイムにたくさん分泌されます。よって、なるべくゴールデンタイムの時間に就寝することがバストアップには大事です。

AAAカップの方のバストアップに有効な方法

AAAカップの方がバストアップ効果を得たいなら、身体の冷えを解消する事が大事です。身体の冷えは、血行不良を招くためにホルモンの分泌を妨げ、乳腺の発達にも支障が出るからです。

 

冷えを解消するために大切な事は、なるべく冷たい飲み物を飲まないことです。特に夏の時期は、出先から帰った時に冷たいお茶をごくごく一気飲みしてしまいがちです。

 

このように一気に冷たい物を飲むと、夏でも体は一気に冷え込んで血行が悪くなります。なので、なるべく常温の飲み物に変更する事が大事です。それと、冷えを解消するには、ウォーキング、ストレッチ等の運動を定期的に行い、適度な筋肉をつけることも効果的です。筋肉は熱を発する作用があるので、身体の内側から温めることができます。

 

さらに、バストマッサージも血行が良くなり、女性ホルモンの分泌量が増えるので効果的です。ただ1回のマッサージではバストアップ効果はないので、毎日コツコツと継続してケアを続けることがポイントです。