リンパのコリをほぐしてバストアップ

MENU

乳腺組織を刺激することが重要です

本当に効果があるバストアップ方法

 

バストアップをして、豊かなバストになりたいと願う女性はとても多いです。特に貧乳、いわゆるまな板といわれるような女性にとってはバストアップは死活問題といっても言い過ぎではありません。

 

しかし、何も知らないままバストアップしても大きな効果を得ることができません。

 

バストアップを実践する前にまず、胸は何によって構成されているかを理解しておきましょう。

 

胸のふくらみはその90パーセントが脂肪組織で、残り10パーセントが乳腺組織です。乳腺からは赤ちゃんの発育にとても重要な母乳が出ます。つまり胸のふくらみというのは乳腺組織を守っているためにあると言っても過言ではありません。

 

じつは脂肪組織と乳腺組織は全く関係が無いように見えて切っても切れない関係です。乳腺組織が未発達だと脂肪組織も発達しません。貧乳の人は乳腺組織が未発達なため、脂肪組織も発達していないと言い換えることが出来ます。

胸をただ揉むだけでは効果はない

良く胸のマッサージといってバストを一生懸命もんでいる人を見かけますが、これではただ単に脂肪組織に刺激を与えているだけです。

 

バストアップを目指すためには脂肪組織ではなく、乳腺組織を刺激する必要があるのです。乳腺組織と密接な関係にあるのが私たちの身体じゅうを流れているリンパです。リンパもまた、切っても切れない間柄にあります。貧乳や胸が小さい人は流れが滞っているためと言い換えることができます。

 

流れを良くするためにはマッサージによって体外に溜まった老廃物を押し出す必要があります。マッサージによって流れが良くなると乳腺組織も刺激されて、脂肪組織がどんどん発達します。結果的にバストアップにつながるというわけです。

 

しかも、刺激することによって老廃物が排出されると背中の肉や二の腕の肉も落ちます。つまり刺激することによってバストの脂肪はどんどん増えてその周辺の脂肪はどんどん落ちていくというわけです。

バストを大きくするために刺激するべき部分とは

リンパの流れが良くなると、どれだけ貧乳の人であっても1サイズから2サイズはバストが大きくなります。また、この方法だと綺麗な形のバストを造り出すことが出来ます。

 

綺麗で豊かなバストが作り出せる、これ以上ない理想のバストアップ法です。

 

肝心のリンパの流れを良くするにはとにかく動かしてやることが必要です。動かない事には溜まっている老廃物が流れていきません。全体の流れを良くすることがとても重要ですが、特にバストアップにとって重要な部分を刺激するようにしましょう。

 

まず鎖骨の内側を2本の指でゆっくりさすることによって刺激することが出来ます。これを毎日5回おこないます。次に脇にあるバストアップに重要なリンパ節は脇の内側にあります、ここも同じように刺激してやりましょう。

 

最後に膝の裏側にもバストアップを促進してくれるリンパ節があります。脇や鎖骨と同じように刺激してください。毎日コツコツ続ければ必ず効果はあらわれます。